初めての防犯カメラ

防犯カメラ

犯カメラの選び方

防犯カメラには様々な種類があり、どれが合っているのかお悩みではないでしょうか。
こちらのページでは、どのような防犯カメラを選べばいいのかポイントを絞ってご紹介していきます。設置したい場所や用途には、どれがあてはまるかをチェックしてみてください。

防犯カメラ(監視カメラ)は下記など様々な種類があります。

・防水・防塵に対応した屋外タイプ
・自宅内で使用する屋内タイプ
・ネットワークカメラ

屋外タイプ〜バレットタイプ(筒形)〜

バレットタイプ(筒形)

壁面・天井に設置できます。
設置場所例:玄関・庭・天井のない車庫・駐車場・店舗やオフィスビル、マンションなどの外周りなど。
バレットタイプは、壁から飛び出るように設置するので撮影しているのを目立たせ侵入の抑止力になります。

屋内タイプ〜ドームタイプ〜

ドームタイプ

軒下・天井に設置できます。設置場所例:エントランス・店舗内・オフィスビル内やマンション内など。
ドームタイプは半円型のレンズに覆われているため、どこを撮影しているか分かりにくく撮影されているという威圧感が少ないものです。また、小さく気付かれにくいため不審者に気付かれず撮影ができます。防犯カメラの存在を目立たせたくない時はドームタイプがおすすめです。

※バレットタイプ、ドームタイプともに屋内用屋外用それぞれございますが一般的にはバレットタイプが屋外、ドームタイプが屋内だと思っていただいて大丈夫です。

ネットワークカメラ

外出先からスマホやタブレットで、設置した防犯カメラの映像を確認できます。
ご自宅のインターネット回線を利用して接続します。

録画について

防犯カメラ自体には録画機能がついていないため、録画用のレコーダーが必要となります。
だいたいどの通販サイトでも、お得な「防犯カメラとレコーダーのセット」販売がございます。2台以上買われる方は、そちらを利用するのがお得です。
ただ、ご自身の撮影したい場所や用途に合ったものを選ぶよう、防犯カメラの機能はしっかり確認してください。

犯カメラの設置台数や機能について

防犯カメラの設置台数

用途や場所によって防犯カメラの設置台数は異なります。特定の場所のみを監視したい場合は1台、複数の場所に設置したい場合は監視したい場所の数と同じ台数、もしくは死角をなくすように一か所に2台以上設置するなどしてください。不安な場合は販売業者に問い合わせで相談したり、無料見積りなどをしてもらいましょう。

機能

防犯カメラの機能はたくさんありますが、全てが搭載されているわけではないので、どの機能が必要かの基準にしてください。

ワイドダイナミック機能 遮光や照度差の激しい被写体に対してフラットで見やすい映像に補正。逆光になった人物は、暗く写り顔が判別しにくくなるものですが、ワイドダイナミック機能により鮮明に撮影可能
アンチフォグ機能 霧やモヤ発生時の「霧がかかった映像」や「遠方ズーム映像」の画像ボケを低減し、クリアで見やすい映像に補正
赤外線投光機能 夜間や暗い場所でも赤外線投光器を内蔵したカメラを使用すれば撮影できる機能
人感センサー 赤外線や超音波などで人や動物を検知
顔認証機能 撮影した映像から、システムに登録された顔を自動的に識別
オートフォーカス機能 被写体に自動的にピントを合わせてくれる機能
IP規格(防水・防塵) 国際電気標準化会議にて定められた、電子機器の防水・防塵の規格。IP00〜IP68という表示で対応規格を示し、数字が高いほど防水・防塵機能に優れています。屋外用カメラはIP66以上が望ましいとされています
PTZ機能 リモート操作で上下左右に首振りができ、映像の拡大縮小が出来る機能

ページトップへ